10円玉のところ

こんにちは、B4の田村です。

 

先日、京都の平等院鳳凰堂に行ってきました。

数年前に塗り直しがあったようで、朱色が鮮やかに輝いていました。

頂点の鳳凰の飾りは小さいながらも荘厳な雰囲気を漂わせていました。

 

平等院鳳凰堂といえば10円玉ですよね。

造幣局によると、法律では貨幣の裏表は決まっていないそうですが、作業上の必要性等から裏表が決まっているそうです。気になる方は調べてみてください。

 

卒論を進めつつ、残り少ない京都生活を満喫したいと思います。

 

T.Tamura_2019.01.30