モノの持ち方について:机周り

こんにちは。M2の金です。

前回から勝手に始まった、モノの持ち方ならびに片付け備忘録()

ブログの題材なんて、自分の日常にしか転がってないわい!

と思ったので、ここ半年で拍車がかかっている片付け、モノの捉え方について書くしかないわい!といったところです。

 

今回は自室の作業机についてです。

ここで思うのは、どんなインテリア雑誌を見ても、机(テーブル)の上には花や小物飾られていたりすること。

明確な何かを参考した覚えはないのですが、そういう提案されたアイデアを踏襲して、

以前は「よく使うもの」をまとめた小物入れや、「使用中の書類」を入れた自立するファイルを、机の上に置いたりしていました。

しかし、「よく使うもの」では足りないモノを棚から出していたり、しまった書類がどこに置いてあるのか分からないことに気づくタイミングがあり…

机の上にあった方がいいものは、作業の目的によって違うし、だったら1つの場所からその都度出した方がいいのでは…?と感じ、机の上からモノを一切無くしました()

 

同時に、並んである本棚の整理にも取り掛かり、机の上に置いてあったものも一ヶ所にまとめることにしました。

初めは「都度取り出すのは面倒かな〜」と少し思っていたのですが、片付け場所を一ヶ所にすると、もし仮に何かを失くしても、探すのは本棚だけで済みましたし、その都度必要なモノを出す過程は、作業の目的を明確にしてくれて、終わった後の戻す場所は決まってるから、ちらからずに済んでいます。

「使ったら、元にあった場所に戻す」が初めて実践出来ました。

机の上からモノは無くなりましたが、本棚の中身の見直しは継続させています。

この半年で、2つあった本棚のうち、1つを解体しました()

「今、必要なもの」にフォーカスして持ち物の稼働率を上げていきたいです。

 

p.s.「机の上にモノは無い!」と言い切りましたが、ジョジョ5部の主人公の絵だけ飾っています。(浮いているのでノーカウントで…)

 

Y.Kim_2019.11.28